ホーム > 診療案内 > 眼瞼下垂症

眼瞼下垂症

まぶたのたるみ・頭痛・肩こり解消などに効果的な手術方法の紹介

目のたるみ、重いまぶた、三重まぶた、まぶたが下がるなどでお困りの方

あなたの頭痛肩こりは「まぶた」が原因かもしれません。

以下のような症状のある頭痛、肩こりは「眼瞼下垂」に原因の可能性があります。

  • - 生まれつき瞼の動きが悪い。
  • - 加齢にうより、まぶたが垂れ下がって目を覆うようになり、見えにくくなる。
  • - ハードタイプのコンタクトレンズを装着している。
  • - 目をよくこする癖がある。
  • - 目を酷使する仕事や、メイクのやり過ぎ
  • - 埋没法など過去に美容整形の治療を受けたことがある。

仕事休まないといけないほどひどくはないけれど慢性の頭痛・肩こりに悩まされている方、更にCTやMRIも撮ってもらったが「異常ありません」と言われた方は多いのではないでしょうか。そのような頭痛・肩こりが「まぶた」が原因で起こることがあります。

まぶたが原因で頭痛・肩こりがおこる理由

まぶたの構造

はずれてしまった腱膜

目を開ける筋肉は、2つあり、目の裏側でつながっています。 一つは「眼瞼挙筋」というごく薄い筋肉で、まぶたの縁の瞼板という組織の前面に付着していて、これが収縮するとまぶたが上がり目があきます。自分の意志で目を開けるときに使います。

もう一つは「ミュラー筋」という筋肉で、瞼板の上に付着しています。ミュラー筋は交感神経の刺激で、収縮しますが、逆に交感神経のスイッチにもなっていてミュラー筋を伸ばすとそのスイッチが入り、通常は物を見上げる時、びっくりした時に反射的にしか収縮しない前頭筋や肩や首周囲の筋群が正面視でも常に収縮しているために頭痛・肩こり、人によっては便秘、手足の冷えなど自律神経症状をも引き起こします。

眼瞼挙筋の瞼板への付着は弱く、様々な原因でつながりが弱くなります。 まぶたを開けようとして挙筋を収縮させても、しっかり目が開かないため、常に挙筋が収縮している状態になります。すると挙筋と一緒にミュラー筋も常にひっぱられて、ひっぱられることで交感神経の緊張が高まり、頭痛肩こりなどのさまざまな不定愁訴が現れます。

また「一重まぶたで肩こりのひどい方」は、上瞼の靱帯組織の発達が良く、まぶたをあける抵抗となっているため瞼が空きにくく、常に眉を上げてミュラー筋も使って目を大きくあけています。

院長の出身医局である信州大学形成外科・松尾 清 教授が、眼瞼下垂により頭痛肩こりが起こることを発見しました

なでしこクリニックの信州大学式眼瞼下垂症手術について

(1) 信州大学式の手術です

二重の線に沿ってまぶたを切開し、外れた腱膜を瞼板の前面の元の位置に固定する手術を行います。引き延ばされていたミュラー筋が元に戻り、交感神経のスイッチがオフになります。
信州大学形成外科の松尾教授により腱膜前転法という新しい眼瞼下垂の手術が提案され、松尾法として多くの形成外科医が本法を行っております
当院の手術は、松尾教授に直接指導を受けた方法で行っております。
瞼を開けるための抵抗組織を取ることに留意した方法で、腱膜・靱帯・眼窩脂肪の処理に工夫をしております。

(2) 整容面に配慮した手術です

切開式の二重まぶたの手術になりますので、見かけのできあがりは大切です。皮膚のたるみ、瞼の下がり具合、眉毛の上がり具合、ご希望の二重の幅などを考慮して、できるだけ自然な感じになるように手術します。術後の腫れも最小となるように、術中の止血や手術操作に細心の注意を払い、術後2時間クリニックで瞼を冷却して術後の腫れや出血が起こりにくい様にしています。


34歳女性 術前・術後です。

自然な感じに眼が開くようになり、頭痛・肩こりも改善しました。

(3) 先天性眼瞼下垂にも対応します

生まれつき瞼があがりにくい、先天性の眼瞼下垂は、眼瞼挙筋の機能が非常に弱いため、通常の腱膜前転法では対応できない場合が多く、太腿などから腱を移植してまぶたと額の筋肉をつなげる手術が必要となります。腱膜前転法よりも複雑な操作が必要なため行うクリニックは少ないですが、当院ではこの手術も行っております。
詳しくはこちらをご覧ください

(4) 保険適応の手術です

瞼の下垂があり、頭痛肩こりのあるかたは保険適応の手術となります。修正手術は保険適応外です。

修正手術

眼瞼下垂の修正手術も行っております。こちらは自費治療となります。詳しくはこちらをご覧ください。

手術の流れ

初診
看護師の問診 診察と治療法の説明
手術同意書にサイン 採血
手術日(昼食は軽めにお取りください)


鎮痛薬の内服(痛みを軽減するために鎮痛薬を内服します)

写真撮影・デザイン 心電図・血圧・酸素飽和度
モニター装着

局所麻酔を注射


手術(約1〜1.5時間)

術後、リカバリーで2時間冷却 術後のチェック 看護師から注意点の説明
通院・術後の注意

(翌日) 創のチェック
(1週間後) 抜糸
(2週間、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月) 傷跡や形態のチェック
※入浴:翌日から洗髪・洗顔・シャワー可能、4日目から入浴可能
※メイク:アイメイク以外は翌日から可能、アイメイクは抜糸後から可能
※コンタクトレンズ:ソフトコンタクトは2週間後から、ハードは4週間後から可能

遠方からご来院の患者様へ

通院が困難な遠方からの患者様は、事前にメールで連絡をとり、初診日に手術を行っております。
・メール相談で、症状や既往歴などを伺い、手術の適応と術式を決定
・来院時に手術(近くのホテルに1泊していただいております)
・翌日診察後、帰宅
・1週間後再診、診察後抜糸。
・あとの経過はメールで行い、必要であれば来院。

費用

眼瞼下垂 両目 約45,000円

まずはメールやお電話・ご来院でご相談ください。
なでしこクリニックでは、眼瞼下垂・先天性眼瞼下垂のことでお悩みを持っている方々の相談を受け付けております。

眼瞼下垂に関するお悩み事

Q  傷跡は残りますか?
A  細い線として残りますが、時間の経過とともに目立たなくなります。

Q  合併症などの心配はありませんか?
A  出血・創感染・創離開などが手術一般に起こりうる合併症です。出血が起こりやすいので止血に十分注意して行っております。
合併症ではございませんが、瞼の開きが良くなるために、涙の蒸発量が増え、一時的にドライアイになります。必要であれば点眼薬を処方します。

Q  どのようにして眼瞼下垂と診断されるのですか?
A  瞼の下がり具合(MRD)と瞼の動く距離を計測して診断します。

Q  運動や車の運転はいつ頃から可能ですか?
A  軽い運動は抜糸後から可能ですが、激しい運動は術後2週間してからとなります。

Q  術後の通院期間はどれくらいですか?
A  術後1日(または翌々日)、1週間後に抜糸を行います。抜糸は1週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月後に経過を診させていただきます。

Q  コンタクトレンズはいつからできますか?
A  ソフトコンタクトは術後2週間から、ハードコンタクトは術後1ヶ月後から可能です。

Q  メイクはいつからできますか?
A  細い線として残りますが、時間の経過とともに目立たなくなります。

Q  入浴はいつからできますか?
A  翌日から、シャワー・洗髪が可能です。 4日目からは入浴も可能です。

Q  洗顔はいつからできますか?
A  翌日からは可能ですが、目の周りはこすらないように注意してください。

Q  術後はどれくらい腫れますか?
A  3日間は腫れますが、1週間で腫れはかなり落ち着きます。完全に落ち着くには3ヶ月かかります。

まずはメールやお電話・ご来院でご相談ください。
なでしこクリニックでは、眼瞼下垂・先天性眼瞼下垂のことでお悩みを持っている方々の相談を受け付けております。