眼瞼下垂の相模原市緑区橋本のなでしこクリニック


〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本6−20−1リビオ橋本2階
                                          
診療受付時間 月〜土 完全予約制

  再診 10:00-11:15 初診 11:00まで
  再診 16:00-17:30 初診 17:00まで

初診の方は 電話予約 をお願いいたします。

エステティシャン募集中!

お気軽にお問い合わせください

0800-800-1733

ほくろ・あざ(母斑)・できもの(皮膚・皮下腫瘍)

ほくろ・あざ・できもの

ほくろやできものなどを切除したい方

ほくろ・できもの(皮下腫瘍)の治療目的は二つあります

★悪いものかどうかを調べる

★ほくろやできものを無くして見かけをよくする(特に顔)

ということです

悪いものかどうか調べる

ほとんどが良性ですが、ごくまれに代表的な皮膚のがんである、基底細胞癌・扁平上皮癌・悪性黒色腫、皮下の組織から生じるその他の悪性腫瘍がこれらの中に混じっています。悪性のものを見落とさないように注意深く診察しております。

診察で、腫瘍の発生時期と発育のスピードを確認し、触診で、表面は滑らかか、可動性があるか、深さはどうかなどを確認し、皮膚腫瘍についてはデルマトスコープという皮膚を拡大する機械を使って診断の補助に役立てております。必要であれば総合病院に、超音波検査やMRI検査などを依頼しております。 疑わしい場合は、大学病院や総合病院に紹介しております。

皮膚・皮下腫瘍の最終診断は、病理検査という顕微鏡の検査で行います。通常の病理検査は、病理の専門医が行いますが、皮膚の病理検査については、皮膚病理の専門的知識が必要なため、皮膚病理専門の医師が行っています。

当院では「札幌皮膚病理診断科」に依頼しております。時に通常の病理検査で診断がつきにくいことがあり、その場合は免疫染色を積極的に依頼しております。

見かけをよくする

ほくろ・皮膚腫瘍はほとんどが良性のため、その治療は、整容的な意味合いが大きいです。

シミ治療と同様に、肌が均一で光と陰のバランスが整っているということは、見かけをよくする上で大切です。ほくろや皮膚腫瘍があると、その大小に関わらず光と陰のバランスを崩すものとして目立ってしまいます。それらを取り除くことで、バランスが整いすっきりとした見かけになります。

代表的なほくろの種類

ほくろ(母斑)は、

青色母斑型」と「非青色母斑型」に分かれます。

非青色母斑が、生まれつきある先天性母斑とあとからでてきた後天性母斑に分類されます。

  • 先天性母斑 生まれつきある母斑です。
  • 後天性母斑 あとからでてきたものです

後天性母斑の分類

マイスナー型

主に顔面、頭部。平坦からドーム状を示す母斑です。中央部が真皮深く楔状に存在します。

ウンナ型

主として体幹、頸部、四肢、頭部にもでる。平坦から桑の実状を示す母斑です。真皮の浅い部分にある場合が多いが、真皮下層の付属器周辺にもある場合があります。

クラーク型

体幹、四肢、足底。淡い色素斑を伴う平らなまたは盛り上がった母斑です。

スピッツ型

顔面、四肢、体幹。小児を含む若年者に好発様々な形態を持つ母斑です。

特にクラーク型・スピッツ型は、ダーモスコープでもメラノーマとの鑑別が難しいことがあります。

手術例

こめかみのほくろ 紡錘形に切除縫合します。

頬の大きなホクロ。紡錘形に切除して縫合します。

目の縁の母斑も切除可能です。

口唇縁の母斑も切除可能です。

下口唇のホクロ、大きいので紡錘形に切除縫合しました。

頭皮の母斑 毛髪を温存して切除しました。

右小指の母斑です。大きいので、植皮による再建が必要。土踏まずの上から皮膚を採取して植皮、手の植皮は性質の似た足から取ると色調・質感が良く、目立ちません。

腹部などから植皮すると植皮が茶色になってアザの様に目立ちます。

代表的な皮膚・皮下腫瘍と手術例

粉瘤(アテローム)

皮膚皮下腫瘍の中で最も多い良性腫瘍です。多くは,腫瘤の中心に原因となった毛穴が黒い点状にみられ、押すと毛穴から白い粥状物が出てくることもあります。体中のどこにでもできますが,背中や顔に多くできます。

治療は、中心の穴を含めて皮膚を紡錘形に切除し、袋ごと腫瘍を全摘します。

頚部の粉瘤。紡錘形に皮膚をつけ摘出。

耳垂の粉瘤

くりぬき法

化膿をしたことがない皮膚との癒着の無い粉瘤は、
中心の穴をくりぬく傷の短い「くりぬき法」で行うこともできます。

5cmの粉瘤をくりぬき法で摘出。傷跡は6ミリ。

脂漏性角化症

老人性イボといわれるもので、中年以降に発生、原因は、遺伝的要因や日光による露出部の皮膚の老化と考えられるものがあります。メスや炭酸ガスレーザーで削り取って取り除きます。

脂肪腫

皮下に柔らかいしこりとして触れます。治療は手術で取り除きます。できるだけ短い傷跡になるようにしています。

アクロコルドン(首のいぼ)

くびや腋・胸などに多発する老人性のイボのようなものです。 ハサミや炭酸ガスレーザーで切除します。中年以降の女性に多く、治療をすると皮膚のぶつぶつしたものが取れるためすっきりした印象になります。

血管拡張性肉芽腫

赤い肉がイボの様にもりあがる皮膚腫瘍です。出血しやすく血が止まらないといってこられる患者様もいます。手術で切除します。

静脈瘤

青い皮下の柔らかい腫瘤です。静脈の拡張した腫瘤です。

治療の流れ

初診

看護師が詳しい問診を行います。医師に聞きづらいことなども遠慮なくご相談ください。

医師の診察

医師が、患者のご希望を伺い、手術法の説明をします。同意書にサインして手術日を決定、採血を行います。

手術

局所麻酔をして手術を行います。

手術は通常10分ー60分です。

術後の注意・通院

(翌日)創のチェック

(5~10日後)抜糸

 

※シャワーは患部を濡らさないようにして翌日より可能、抜糸後入浴可

 

費用(保険3割負担の場合)

顔 2cmまで

約10,000円

顔 2cm−4cm

約14,000円

顔 4cm以上

約17,000円

皮下腫瘍の場合は、腫瘍の種類・場所によって費用が異なります。

あざ

認定されたレーザー機器を用いて、決められたあざの治療を行う際には、保険適応となります。当院のQ-スイッチルビーレーザー「The Ruby」は医療認定を受けており、以下のあざは、保険で治療が可能です。

 

 

 

  • 太田母斑 一側の頬や額などにできる青いあざです。
  • 扁平母斑 茶色のあざです、生まれつきのものと、思春期に濃くなってくるものがあります。レーザーの反応するものとしないものがあるため、試し打ちをして、反応するものを治療します。
  • 異所性蒙古斑 おしり以外の場所にできる蒙古斑(青あざ)です。多くは自然に薄くなっていきますが、色の濃いもの・広範囲のもの・色の消退が悪いものにレーザー治療を行います。
  • 外傷性入墨 けがの後に生じた入墨様の傷跡です。アスフェルトなどの異物の残存により生じます。数ヶ月おきに、レーザー照射を行って、除々にあざを薄くしていきます。

費用(保険3割負担の場合)

Q−スイッチレーザー

約10,000円−30,000円

ショット数によって費用が異なります。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0800-800-1733

受付時間:10:00~17:30(診療日)

自費診療には、各種クレジットカードがご使用いただけます。(保険診療には使えません